第1回 犬山認知行動研究会議(ICBM-1)での研究報告

2017年12月18日 10:56


2018年1月6日~7日に開催される標記の会議(本センター共催)で,センターメンバーが研究報告をしました.

第1回 犬山認知行動研究会議
(The 1st Inuyama Cognition & Behavior Meeting, ICBM-1)

主催:犬山認知行動研究会議実行委員会
共催:科学研究費補助金 基盤研究(S)「野生の認知科学」・関西学院大学社会心理学研究センター
日時:2018年1月6日 13時開始 1月7日 17時頃終了
場所:京都大学霊長類研究所
参加費無料、予約不要

小川洋和 某私立大学における心理学ゼミ運営の一事例報告
清水裕士・稲増一憲 社会調査データへの統計モデリングアプローチ
三浦麻子 Psychology of psychological research

平石界(客員研究員)ほか3名 男の誤解という誤解(かも):Men's overperception effectの追試から
村山綾
(客員研究員) 内在的公正推論の規定因

会議の詳細はこちらをご覧下さい.