第7回KG-RCSPセミナー

2016年02月24日 11:13
第7回KG-RCSPセミナー
社会性の炙り出し方:ミニマリストアプローチとインクルーシブアプローチ
 
日時 2016年3月23日(水) 15時~17時
場所 関西学院大学西宮上ケ原キャンパス F号館104教室
講演者 渡邊克巳さん(早稲田大学基幹理工学部・教授)
 
概要
 社会性を媒介する情報は、個体間で創発され、認知や行動、体験を変化させている。このような社会的情報は、どのようなものであれ個体の表層に表現され伝わらなければならない。本講演では、社会性を媒介する情報に対して実験心理学的なミニマリストアプローチを取っている研究と実社会での具体的な実証フィールドを想定したインクルーシブアプローチを取っている研究の両方の例をいくつか紹介して議論したい。
 
懇親会
 セミナー終了後、懇親会を開催いたします(会場は西宮北口周辺を予定しています).懇親会への参加を希望される方は3/9(水)までに登録フォームより参加登録をお願いします.登録された方には後日詳細をメールにてご連絡いたします.
 なお、定員を超えた場合には受付を締め切らせて頂きますので、登録はお早めにお願いします.懇親会のみの参加も歓迎いたします.