ニュース

2016年04月25日 07:00

第8回KG-RCSPセミナーは,第19回政治コミュニケーション研究会との共催で,下記の通り開催しました.

【日時】2016年5月27日(金) 16:00~18:00
【場所】関西学院大学(西宮上ヶ原キャンパス) 社会学部棟 202教室
【発表者】秦正樹さん(関西大学)
【タイトル】若年層における候補者選択の基準:候補者の「見た目」と「政策」に注目したサーベイ実験より
 
当日は学内外から、13名の方にご参加いただきました。私たちは選挙において候補者を評価する際、ヒューリスティクスやキューと呼ばれるてがかりを用いていることが知られています。18歳選挙権の問題が社会的な注目を集める中、本日の研究会では若者が候補者を判断する際に「見た目」というてがかりがどのように機能しているのかということを検証するサーベイ実験の結果が紹介されました。今年3月に行われた実験であり、まだまだ発展途上の研究でしたが、同じ「若者」といっても16-19歳, 20-24歳, 25-29歳では候補者を評価する過程が異なっており、たとえば、16-19歳においては、若い見た目の候補者が訴える場合には政策内容に基づいて自分の利益につながる政策を見極めることができるが、高齢の候補者が訴える場合には、政策の違いを見抜きにくくなるといった知見は、今後興味深い研究へと繋がっていく可能性があると思います。発表後の質問・コメントの時間には、社会心理学・政治学・社会学の先輩研究者の方々から容赦のない愛の鞭が飛び交いましたが、これも、研究会の醍醐味のひとつかと思います。秦先生、参加者のみなさまありがとうございました。(文責・稲増一憲)
2016年03月31日 06:57

センターメンバーによる以下の論文が『メディア・情報・コミュニケーション』誌に掲載されました.第6回KG-RCSPセミナーで紹介した統計分析フリーソフトHADに関する技術資料です.今後のご研究でHADをご活用いただいた際は,是非この論文を引用して下さい.

清水裕士 (2016). フリーの統計分析ソフトHAD:機能の紹介と統計学習・教育,研究実践における利用方法の提案. メディア・情報・コミュニケーション研究, 1, 59-73.

HADはMicrosoft Excelで動く心理統計分析用のソフトウェアであり,基礎的な分析から,多変量解析まで数多くの分析をGUIで行うことができる。HADはWebからソフトウェア,操作方法についての資料が無償で利用可能であるので,学生や大学教員などが研究や教育現場で活用することが期待できる。本論文では,HADの分析機能の紹介に加え,HADを統計学習ツール,統計教育ツールとしての活用方法と機能について紹介した。最後に,HADによる研究活動における探索的分析ツールとしての利用方法の提案と,利用上の注意点について論じた。

キーワード:心理統計学,フリーソフトウェア,HAD,統計学習,統計教育

2016年03月28日 11:48

センターメンバーによる以下の論文が掲載された「社会心理学研究」が公刊されました.

稲増一憲・三浦麻子 (2016). 「自由」なメディアの陥穽:有権者の選好に基づくもうひとつの選択的接触. 社会心理学研究, 31(3), 172-183.

有権者に多くの選択肢を与えるインターネットの普及は、党派性に基づく選択的接触研究への注目を高めたが、実際には党派性に基づきメディアを選択する者は少ない。一方、選択肢の増加に伴う偶発的・副産物的ニュース接触の減少により、娯楽・ニュース志向という有権者の選好が直接接触に反映され、政治・国際ニュースについての知識の差が拡大する選択的接触については、党派性を持つ有権者が少なくとも起こる。本研究は、この選択的接触に注目し、インターネット上のサービスが選好に基づく知識の差を拡大するのか縮小するのかについて検証した。オンライン調査による検証の結果、選好に基づく知識の差の縮小に貢献すると考えられるのは「ポータルサイト」「新聞社サイト」「2ちゃんねるまとめサイト」、差を拡大すると考えられるのは「ニュースアプリ」「Twitter」であった。考察において、今後予想されるメディアの変化に対する本研究からの示唆が議論された。
 
キーワード:インターネット、選択的接触、メディア環境、娯楽志向、政治知識

 

2016年02月24日 10:58

「社会性の炙り出し方:ミニマリストアプローチとインクルーシブアプローチ」

日時 2016年3月23日(水) 15時~17時
場所 関西学院大学西宮上ケ原キャンパス F号館104教室
講演者 渡邊克巳さん(早稲田大学基幹理工学部・教授)
当日は学内外から23名のご参加をいただきました.社会心理学でよく扱われる,例えば「社会的手抜き」のような複数名の人間の「集団」において特有とされる現象に何が寄与しているのかを探るミニマリストアプローチによる研究事例をご紹介いただいた後,社会現象を包括的に捉え,多彩なデータの収集と統合的な解析を通じてアプローチするインクルーシブアプローチが紹介されました.特に,(プロ)スポーツのような真剣勝負の「本気の現場」でデータをとることの面白さがとても印象的でした.また,研究は「当事者・研究者・制作者・個人がやりたいことがあるからやる」という言葉も心に残りました.渡邊先生,ありがとうございました.
2016年02月24日 08:41
統計への苦手意識をなくす教育:フリーソフトHADを利用した教授法の習得
 
日時 2016年2月25日(木) 10時~17時
場所 関西学院大学上ケ原キャンパスF号館104教室(当初告知から変更しました)
講師 清水裕士(関西学院大学社会学部;センター研究員)
後援 関西学院大学教務機構高等教育推進センター
 
 
当日は学内外から52名のご参加をいただきました.効果的なセミナーの実施と教室の収容定員の関係で,10名以上の方々の参加をお断りすることになってしまいました.心からお詫び申し上げます.
 
HADに関する詳細は清水のWebサイトをご覧下さい.

 

<< 2 | 3 | 4 | 5 | 6 >>

関西学院大学社会心理学研究センターのWebサイトへようこそ.

本センターは,社会心理学およびその関連領域に関心をもつ学内外の研究者の相互交流を促進し,研究の活性化を図るとともに,学外に対して本学研究者たちの研究の可視性を高め,成果を学界だけではなく社会一般に広く還元することを目的として2015年4月に設立されました.

センターのロゴマークは「関学内のさまざまな組織に在籍する,社会心理学に関わる研究者の協同体」が一致協力してよい仕事をしよう,というコンセプトを「風車(風力発電)」に仮託したもので, studio 7839 によるデザインです.

日本社会心理学会第57回大会
日程:2016.9.17-18
会場:関西学院大学西宮上ケ原キャンパス

多数のご参加どうもありがとうございました.