月別アーカイブ: 2018年12月

第6回KG-RCSP合同ゼミ

KG-RCSP合同ゼミは,異なる学部の複数のゼミが集い,メンバーの研究発表と外部ゲストの講演を交えた「多様性と類似性の相乗効果」の場です.毎回,ゼミメンバーの発表に加えて,興味深い研究をしておられる 「今,この人の話を是非聴きたい+学生たちに聴かせたい」と思える研究者をお招きして講演もしていただいています.聴講・議論への参加は,ゼミ内外,学部生/大学院生/職業研究者等々を問わず,どなたでも歓迎します.

【日時】2019年2月27日(水) 13:00-17:30
【場所】関西学院大学西宮上ケ原キャンパス F号館104教室

センター長あいさつ

第1部:ゼミメンバーによる発表
(2019年4月に博士課程前期課程に進学する予定の学生による研究発表)

13:10-13:35 小林穂波(小川ゼミB4)

13:35-14:00 田島綾乃(稲増ゼミB4)

14:00-14:25 長谷川凜人(三浦ゼミB4)

14:35-15:00 牧野巧(三浦ゼミB4)

15:00-15:25 水野景子(清水ゼミB4)

15:25-15:50 (中越みずき(OCUB4))

第2部:招待講演

16:00-17:30 狩野裕氏(大阪大学大学院基礎工学研究科長)

第22回KG-RCSPセミナー

KG-RCSPセミナーには,主に2つのテーマがあります.1つは,社会心理学およびその関連領域で先端的でユニークな研究を精力的に行っている方をお招きして,その研究の面白さを存分に語っていただくこと.もう1つは,社会心理学研究に応用可能なテクニックを実践的に学ぶ機会を持つこと.こうした機会を,特に大学院生や学部生など若い方々に積極的に提供すること(そして,主催者自身が楽しむこと)を目的としています.

「Qualtrics+Rによるコンジョイント分析」(宋 財泫氏・早稲田大学)

【日時】2019年2月20日(水) 13:00~17:30

【場所】関西学院大学西宮上ケ原キャンパス社会学部202号教室

【発表者】宋 財泫 (ソン ジェヒョン)氏(早稲田大学高等研究所)

【題目】 Qualtrics+Rによるコンジョイント分析

【概要】 近年、社会科学においてコンジョイント分析(Conjoint analysis)が広まりつつある。マーケティングなどの一部の分野で使われてきたコンジョイント分析だが、数個の選択肢から一つを選ぶ行為は、マーケティングだけでなく、社会科学全般との親和性が高い。また、調査観察データに基づく研究で指摘されてきた「社会的望ましさバイアス(Social Desirability Bias; SDB)」を最小化しながら仮説検定ができる点は、コンジョイント分析の強みである。本セミナーではコンジョイント分析について簡単に紹介し、Qualtricsを用いたコンジョイント実験の実施とRによる分析の実行と解釈について解説する。

参加をご希望の方は2月13日までに、以下のアンケートフォームを通じてご登録ください。
https://kwanseisocpsy.au1.qualtrics.com/jfe/form/SV_bIwQLKS9iEbYrat

なお、当日ノートPCをお持ちで、関学LANやEduroam等を用いたインターネットアクセス、およびQualtricsアカウントをお持ちの方に対しては、コンジョイント実験やRによる分析について実習に参加していただく予定でおります。それ以外の方についても、もちろんセミナーへの参加は可能ですが、ゲストアカウントの発行等はできませんので、当日の実習はできません。予めご了承ください。